サンプルで確認する|玄関ドアリフォームの料金や選ぶポイントをご紹介します

フロアコーティングとは

フロアコーティングとは、自宅のフローリングを特殊な塗料を使って保護するものです。そのフロアコーティングはさまざまな種類があり、目的によってコーティングの種類を選ぶことができます。そのフロアコーティングを耐久年数の高い順にご紹介します。

耐久年数の高いフロアコーティングランキング

no.1

ダイアコーティング

第1位は「ダイアコーティング」です。耐久年数は25年~35年と、フロアコーティングの中でも一番耐久年数が長いコーティングです。艶のあるコーティングですが、ピカピカしすぎるということもなく、高級感のあるフローリングに仕上がります。擦り傷などにも強く、人気の高いおすすめのコーティングです。

no.2

ガラスコーティング

第2位は「ガラスコーティング」です。耐久年数は20年~30年です。このコーティングは、強度も高く丈夫です。クッションフロアなどの柔らかいフローリングにも加工できる柔軟性の高いフローリングです。また、酸素を通さない作素材なので、床材が酸化してしまうのを防いでくれます。

no.3

UVコーティング

第3位は「UVコーティング」です。耐久年数はガラスコーティングと同じく20年~30年です。光沢が強いのが特徴で、フローリングがとてもツヤツヤに仕上がります。耐水性もあり、キッチンなどの水場にもおすすめのコーティングです。

no.4

シリコンコーティング

第4位は「シリコンコーティング」です。耐久年数は15~25年です。このシリコンコーティングは、床材への密着度も高く、耐薬品性もあるので、食べ物やジュースなどをこぼして汚れてしまった際に、洗剤などを使って拭き掃除をすることができます。

no.5

セラミックコーティング

第5位は「セラミックコーティング」です。耐久年数は10年~20年です。こちらは自然乾燥なので時間がかかりますが、コーティングの際に特殊な照射機器を使用しないので、環境にも配慮されたコーティングです。再試行が可能なコーティング剤です。

サンプルで確認する

板

サンプルを頼む

初めてフロアコーティングをする方は、フロアコーティング会社にサンプルがもらえるか確認すると良いでしょう。フロアコーティング会社の取り扱っているコーティングのサンプルを届けてもらうことができます。

サンプルが届いたら

フロアコーティング会社からコーティングのサンプルが届いたら、油性マジックなどを利用し、汚れがついた場合の確認をしましょう。アルコールなどで拭き取り、きれいに落とすことができれば、普段の生活の汚れも簡単に落とすことができ、ピカピカの床を保つことができるでしょう。

擦ってみる

コインや固めのガサガサした素材のものでコーティング剤の表面を擦ってみましょう。そのさいに傷がついてしまう場合は、普段の生活で家具を移動したときや、ちょっとしたことで傷がついてしまう可能性があります。このように、しっかりとサンプルで確認を行い、丈夫なコーティングを選ぶようにすることをおすすめします。